? セサミンでコレステロール対応

セサミンでコレステロール対応

ゴマに含まれているセサミンで、健康な身体を取り戻しましょう。
古来から健康食として食べられているゴマですが、近年の研究成果により、その中の健康成分が明らかとなりました。
それがゴマ一粒にわずかしか含まれていないセサミンなのです。

その特徴は、脂溶性の抗酸化成分とそれに伴う肝機能の改善、血管障害の改善などが挙げられます。
似たような働きをするのがビタミンEですが、ビタミンEは水溶性で溶けやすく血液中に溶け出し、全身を駆け巡り、効果を発揮しますが、セサミンは脂溶性なので、肝臓に行くまで溶け出すことなく肝臓まで直接届くようになっています。

そのため、ビタミンEとセサミンの両方を配合したサプリメントが各社から販売されているのです。
また、動脈硬化や胆石、心筋梗塞など、命の危険を伴う病気の原因となるコレステロールに対しても有効です。
そもそも、コレステロールは人間の身体には欠かせない栄養素の一つですが、食事から摂取できるコレステロールは、一日の必要摂取量の20%と言われています。
不足分は肝臓などにより補われているのですが、肝機能が正常に働いている分には問題ないのですが、低下すると問題になってしまいます。

しかし、不足分を直ぐに合成できるわけではなく、コレステロールを取りすぎた場合や逆に取れていない場合など、日々変化する中で、コレステロールを作りすぎることがあるのです。
セサミンは、不要なコレステロールを分解したり、合成を抑制したりする働きがあり、コレステロールをコントロールすることが出来るのです。
薬などを使ってコレステロールを下げるよりも、安全にそして健康的にコレステロールをコントロールすることが出来る、セサミンは優良成分なのです。
今は、サプリメントとしても摂取できるので、必要以上に気構える必要もなく、毎日摂取することが可能です。
健康診断でコレステロールに異常が見つかったという人やこれからも健康に生活したいという人は、ぜひセサミンを試してみてください。
みなさんもセサミンで健康生活を始めてみませんか。